配偶者の収入、103万円超えても大丈夫??|横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
配偶者の収入、103万円超えても大丈夫??
世間で誤解が多いと思われる、妻の収入についてのお話です。

よく
「103万円を超えると税金がかかってしまう!」 とか
「103万円を超えると夫の扶養に入れなくなる!」とか
「社会保険はどうなる???」
なんていう人も多いかもしれません。
素朴な疑問にお答えしましょう。

結論からいうと、
@103万円超えても税金のことは大騒ぎしてストレスためるほど問題ではない。
A普通のサラリーマンなら社会保険は130万円まで扶養に入れます。
B問題なのは会社によっては扶養手当がなくなることである!
ということです。

@に関しては
ご主人の税金の配偶者控除に関しては、
103万円を超えても配偶者特別控除という枠があります。
(年の所得が1000万円を超える人は除く)
なので、劇的に税金が増えるわけではありません。
141万円までならこの配偶者特別控除の枠があり、
税金を差し引かれる部分はありますが、
収入は増えているので世帯の手取り収入は増え、損することはありませんので
安心してください。

豆知識で、ちなみになぜ103万円という数字がでてくるか。
所得税だと、控除額が
基礎控除38万円+給与所得控除65万円=103万円
この103万円を超えなければ所得がゼロになるからです。

Aは大切です。
130万円を超えてしまうと、社会保険に自ら加入しなければならなくなり、
厚生年金や健康保険料がかかってきます。
ただ、厚生年金は将来受け取る年金額が増えるので、
その分で将来の年金で回収できる可能性はありますが、
今手取りを増やしたいという希望からは外れてしまいます。
ちなみに、160万円くらい働けば手取りも増えます。
今の手取り収入を増やしたい方は、130万円の壁には注意してください!



Bこれは問題です!
会社の制度によって異なってきますので、一般的なことは言えませんが、
手当の金額によりますが、
これがなくなったら数十万円の損失なんてこともありえます。
会社に確認しておいた方がいいです。


結論としては、
130万円の壁とと扶養手当をもらっている人だけは細心の注意を払ってください。
また、この話は間違った解釈をされている方が多いので、
自分には関係なくてもぜひお知り合いに教えてあげてください!


お申込・お問合せはこちら     メニュー・料金はこちら

このページの先頭に戻る