火災保険 マイホーム 住宅ローン 水害 風災 ひょう 自然災害 見直し 相談

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
火災保険、10年超の契約ができなくなる?
(このコラムは2014年9月下旬に書かれたものです)

2014年9月の中ごろ、
火災保険に関することがたくさん報道されていました。

簡単にまとめると、
来年以降、火災保険の10年を超える長期契約を保険会社が引き受けなくなる、
というものです。
その理由は異常気象により自然災害が頻発して、
保険料を計算するための損害発生の確率に関して、
将来の予測が難しくなったということでした。

住宅ローンを組む場合、ローンの期間に合わせて火災保険も入る場合が多いです。
ローンが35年なら火災保険の期間も35年にしたりします。
このメリットは長期で入れば、比較的割安になるということもあります。
また、住宅購入の諸費用に組み込んで考えるため、
後からの負担は少なくて済むと考えることができます。
実質値上げと捉えることができるかもしれません。

新しく買う場合はしかたないとして、
今持家であり、長期の火災保険をかけている方は、
ちょっと考えた方がいいかもしれません。
というのも来年以降10年超での見直しができなくなるからです。

補償内容や保険会社を選ぶことによって、
10万単位で保険料が変わってきます。
約50万円変わったともあります!

加入するときに補償内容や保険会社をしっかり選んでいない方は、
これを機にぜひ考えておくことをおすすめします。

お申込・お問合せはこちら     メニュー・料金はこちら

このページの先頭に戻る