木を見て森を見ず|横浜、東京近郊出張対応可・ライフプラン、資産運用、保険の見直しはFCTGファイナンシャルプランナーズにご相談ください。

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
木を見て森を見ず
税制だったり市況だったり、
本質的には関係ないはずですが、
でもそういったことが何かを始めるきっかけになりがちです。

住宅購入でいえば「消費税増税」や「住宅ローン控除」、
資産運用でいえば「NISA」など、
税制や市況によって人々が住宅購入を考えたり、資産運用を始めたりする
動機になることはよくあります。

動機であればいいのですが、
それ自体、その制度を利用すること自体が
目的になってしまうということをよく耳にします。
どっちが得かということは大事なことですが、
今それを始めて大丈夫かを考える方が大切です。
家を買うとか資産運用を始めるということは、
ライフプラン上大きな影響があるものです。
よって、ライフプラン(ライフスタイル)全体を考える必要があると考えます。

下の図のように、それぞれ直接的には関係なくても、
「家庭のお金」という大きなくくりでは出所は同じであり、
結局はどこにどう配分するか、ということになります。

lifeplan
NISAや消費税増税は「枝」の部分です。
大事な要素ではありますが、全体から見ればごく一部です。

同じ年収であっても、どのようなスタイルを望むかによって、
住宅の購入金額や運用できる金額は異なります。

よく不動産売買の現場では年収(ローン借入可能額)からしか、
住宅の予算は考えてくれません。
でもそれぞれの家庭で望むライフスタイルは違いますから、
年収だけで判断できるものではありません。
資産運用も保険も同様です。

だから、ライフプラン全体で考える必要があるわけです。

ただしご自身だけで感がるには、範囲が広く、大変難しい問題です。
そのお手伝いのために、私のようなFPがおりますので、
お気軽にご利用ください。

ライフプランシミュレーションを作成し、そのうえでベストな手段を選択するお手伝いをいたします。

お申込・お問合せはこちら     メニュー・料金はこちら

このページの先頭に戻る