2017年01月 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2017年01月23日 [ニュース系]
毎月お小遣いみたいに投資信託から分配金がもらえてうれしい!
その気持ちはよくわかりますが、
実はただ自分のお金を取り崩しているかもしれませんよ!


最近ご相談をいただく方で、
まだ若い方なのに毎月分配型をお持ちの方を
ちらほら見かけたので、
この話題で記事を書いてみようと思います。。

なぜ毎月分配型の商品を選んだか聞いていると
その商品を勧められて
上記のようにお小遣いがもらえる感覚で、
なんかうれしいから、それらの商品を選んだようです。
投資の目的がお小遣いづくりであればそれでいいのかもしれませんが、
もったいない気もします。

名前の通り毎月、分配金がもらえる商品です。
ただ、分配金には2種類あって、
普通分配金=利益が出ている部分からでる分配金と
特別分配金=利益は出ていなく、元本部分を取り崩す分配金
があります。

要するに運用がうまくいってなくて、
自分のお金を取り崩しているだけ、ということもありえるのです。

どちらにせよ、
しっかりと長期的にためる目的であれば、
このような投資信託は不向きと言えます。

なぜなら、「複利の効果」が働かないからです。
複利の効果とはプラスになっても引き出さなければ、
そのプラスになった部分にも利息が付くことになるので、
その分さらに増えるという効果です。
簡単に言えば「利息が利息を生む効果」と言えるでしょう。

もちろん、投資信託を毎月取り崩して、
生活費に充てるのであれば、
使い勝手の良い商品と言えるでしょう。

ただ、本来貯めるべき=増やすべき時期に、
これら、毎月分配金の商品を選ぶのは
いかがなものか、と思います。

毎月お小遣いがもらえるといえば、
なんかうれしい気持ちもわかりますが、
耳障りのいい言葉に騙されずに、
しっかりと全体を俯瞰する目を持ち、
本質を考えて、行動していきたいものです。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2017年01月07日 [ニュース系]
平成29年1月1日からセルフメディケーション税制が始まりました。
これは自分や家族が一定のスイッチOTC医薬品を購入した合計が
年間12,000円を超えるときはその超える部分の金額分の
所得控除が受けられるという制度です。

ただ、これを受けるには条件があって、
自治体の健康診断やがん検診、会社の定期健康診断、予防接種等を受けた方が
対象になりますので注意が必要です。
これらの領収書や結果通知表が必要になりますので、
保管しておく必要があります。

そして、スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、
医療用から転用された医薬品のことを言いますので、
どんな薬でもOKというわけではありません。
ドラッグストアではこの対象になるものがわかるような表示をしているところもあるようです。

↓セルフメディケーション税制の詳細はこちらを参考にしてください↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

従来からある医療費控除でも病気やけがを治すための医薬品は
控除の対象となりますので、
医療費控除とこの税制の併用はできません。
どちらか得になる方を選択することになります。

医療費控除は基本、年間10万円以上医療費ががかかった場合に対象になりますので、
特別なことがなければ超えることも少ないので、
ハードルが下がったと言えると思います。
(そもそもこのセルフメディケーション税制は医療費控除の特例の制度です)

従来の医療費控除でもセルフメディケ―ション税制でも
レシートなど買った証明書が必要です。
だから1年間保管しておかなければいけません。

年間どのくらい医療費などがかかるかはわからないので、
対象になるかはわかりませんが、
医療費や薬の領収書を保管しておく箱を作って、
都度そこにいれていく習慣をつければいいと思います。

まだの方はぜひ今年からやってみてくださいね!

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2017年01月05日 [ニュース系]
みなさま

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

新年1回目のブログ更新ですが、
恒例の主な銀行住宅ローンの金利一覧を作成しました。

長期金利が上昇傾向なので、
住宅ローンも主に長期固定金利が上昇傾向となっています。

JL201701

今年の見通しは難しいですが、
アメリカにつられて日本も金利が上昇傾向ですが、
日銀の政策は続行中なので、急に上がるということはないのではないかと思います。
よって、このくらいの水準を行ったり来たりなのかな、と予測しています。

2016年夏ごろと比べると金利は上がっていますが、
長期固定金利も十分に低い水準だと思います。

参考にしていただければ幸いです。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

このページの先頭に戻る