2017年09月 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2017年09月23日 [ニュース系]
9月19日に残酷の基準地価が発表されました。
全体平均でみるとそれほど変わっていないですが、
二極化が進んでいるようです。
概ね都市部は上昇傾向、
都市部でも駅からバスのところだと下落傾向、
という状況のようです。

こんな話をすると家は買ったほうがいいのか、
という話に転じがちです。

確かに長い目でみれば、
不動産の価値は下落する可能性が高いかもしれません。
ご存知の通り人口が減るわけですから、
需要が減り、結果価値は下がるでしょう。
さらに人口減よりも不動産を購入する可能性が高い、
労働人口の減少のペースはもっと早いわけですから、
不動産の価値の減少のペースも早いかもしれません。

お気づきの方もいるかもしれませんが、
あえて「価格」ではなくて、
「価値」という言葉を使いました。

なぜなら価格は物価全体の影響を受けるので、
価値は下がっても価格は下がるとは限りません。

単純なたとえをすれば、
今、ある土地が2000万円が買えることができます。
全体の物価が2倍になったとき、
その土地は同じ土地は3000万円にしかならないということも
ありえるかもしれません。

そうすれば相対的な価値は下がっていますが、
価格自体は上がっている、
ということもありえる、ということです。

価値が下がる=価格が下がるとは限りません。
でも価値が下がる=価格が下がるということも十分ありえますから、
ここで何を言いたいか、というと、
どうなるか予測するかは不可能である、
ということです。

だからまず、何を考えるべきかは、
マイホームが欲しいか欲しくないか、
です。
欲しければ無理のない金額で購入すること、
これが一番大事な要素です。

周りの要素を考えることが無駄だ、とまでは言いませんが、
何よりも自分のタイミング、
自分の無理のない範囲を考えることが
大切だと思います。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2017年09月11日 [ニュース系]
みなさま

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。
今回は住宅ローンの疾病保障の話です。

銀行で住宅ローンを組もうとすると、
「疾病保障」を選択するかどうかを聞かれます。
「疾病保障付き住宅ローン」と呼ばれる商品です。
どんな仕組みで、必要性はどれだけあるのでしょうか。

疾病保障といっても内容はいろいろとあります。
たとえばがんで住宅ローンの残債はゼロになるといっても
がんと診断確定されたときだったり、
がんで1年間働けなくなった時だとか、
一言でいえば同じようなことでも、
銀行によって様々です。

だいたい三大疾病で残債がゼロになる場合は
金利が0.3%上乗せ、
がんだけなら0.1%金利上乗せ、
このくらいがスタンダードです。
でも金利が0.3%上乗せだと
4000万円35年の借り入れなら、
200万円以上金利の支払いが多くなるので、
負担としても大きいです。

また、特にネット銀行系では
3大疾病や8大疾病の保障が金利負担ゼロでついてくる、
というのを売りにしているところもありますが、
それは残債がゼロになるのは、
1年間まったく働けなかったときなどになり、
事実上なかなか支払い免除になることは難しいので、
おまけとしてはよいとは思いますが、
それを目的としてはいかがなものか、と思います。
あくまで金利や諸費用の総支払額で考え、
団体信用生命保険は、
総支払額が有利な金融機関を選んだあとで、
考えた方がよいのかな、と思います。

10月からはフラット35も
身体障碍者手帳2級以上に認定されたときにも
保障されるようになりますし、
きっとこれからもこの団信の工夫は続いていくのかと思われます。

特に住宅ローンを選ぶときは時間に余裕がない場合が多いようです。
耳障りだけでなく、
中身をしっかりと見極めて検討していくことが大切です。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2017年09月03日 [ニュース系]
みなさま

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの土屋です。

早くももう9月!
ということで住宅ローンの金利一覧を作成しました。
若干下がっているところが多いようです。

JL201709

あくまで目安としてお使いください。
場合によってはこれよりも低くなることもありますし、
これは最優遇なのでこれよりも高くなることもあります。

なんにせよ低金利の状態が続いています。
固定に借り換えるならばいい時期だと思います。
諸費用なども考慮して考えていきましょう。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

このページの先頭に戻る