2017年12月 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2017年12月22日 [ニュース系]
みなさまこんにちは。

ファイナンシャルプランナーの土屋です。

もう12月も後半。早いものですね。

12月といえば税制改正大綱。
今年は12月14日に税制改正大綱が発表されました。
まず、個人が関係することを簡単にまとめてみます。

所得税
・給与所得控除を一律10万円減らす
・控除額の上限を220万円から
 195万円に引き下げる
・基礎控除を10万円増やす
・年間所得が2400万円を超える高所得者は
 段階的に控除額を縮小し
 2500万円超ではゼロにする
・公的年金等控除を10万円減らす
・年金収入が1000万円超は控除額を
 195.5万円の上限を設定する
・年金以外に不動産収入などが
 1000万円超あれば
 控除額を最大20万円引き下げる

→結果として850万円超の会社員は増税となり
 自営業者、フリーランスは減税となる
 ただし、22歳以下の子供や
 介護が必要な家族がいる会社員は増税の対象外
 年金収入も含め高所得者は増税

国際観光旅客税(出国税)
・日本からの出国時に一人当たり1000円が
 2019年1月から徴収される

森林環境税
・年額1000円を住民税と合わせて徴収される
 平成36年から

選挙後なのでもっと大きな改正があるかと思ってましたが、
そうでもありませんでした。
ただ、「今後の見直しに向けた基本的方向性」の記述中に
基礎控除へのさらなる振替を検討するということもありました。
多様化する社会への対応のため、
今回のような改正をしていく方向なのだと思います。

参考にしていただければ幸いです。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2017年12月03日 [ニュース系]
みなさま

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。

2017年12月の住宅ローン金利一覧ができましたのでUPします。

JL201712


11月とそんなに変わってない感じですね。

参考にしていただければ幸いです。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2017年12月02日 [ニュース系]
今年の株価を振り返ってみると、
特に値上がりをした方が多いのではないか、と思います。

そしてここ数年NISAやiDeCOの拡充などで
過去数年以内に投資を始めた、という方は
かなり多いのではないか、と思います。

そのようなベテランではない方へ、
株価が高い今のうちに簡単なアドバイスを送っておきたいと思います。

この数年は途中のアップダウンはあれど、
かなり投資環境はよかった状況です。

今のところ不安要素はあまり見当たらないですが、
きっと何かのタイミングで下げ相場へ転じることが
この先数年であると思います。
そして結果として
運用成績がマイナスに転じることもあるかもしれません。

それが急に下がったとなると、
狼狽して売ってしまう、ということが想定されます。

個別株の場合は業績や財務状況を吟味して
売却するのもよいのかもしれませんが、
投資信託を活用して国際分散投資をしている場合は、
狼狽する必要はありません。

大事なのは長期投資です。
将来のことはだれにもわかりませんが、基本的に
景気=株価はアップダウンの繰り返しです。
例えば、2008年のリーマンショックの時は
今後どうなってしまうのだろうかと不安だったと思いますが、
戻って今の状況があります。
不景気が続くと失業者も増え税収も減り、
国としても困ってしまうので、
何らかのきっかけをつくってまた浮上させるような政策を打ちます。
そしてまた景気が上がってまた悪くなってきて、
の繰り返しの可能性が高いのです。

特にここ数年で始めた人は多いでしょうし、
そしてその時=今の環境が良すぎるので、
下がり始めた時には、
その不安も大きなこととなるでしょう。
結果として狼狽して売る人も多くでるだろうと予測されます。

だから状況がいい今のうちに、
心構えを作っておいていただきたく、
ネガティブなコラムを書いてみました。

いい時も悪い時も、「大事なのは長期投資」、
これをしっかりと心に刻んでおいていただければと
思っています。



FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

このページの先頭に戻る