2018年01月 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2018年01月28日 [ニュース系]
多くの方は給与所得者(サラリーマン)の方が多いので、
縁のない方が多いと思いますが、
確定申告をやった方が得するケースもありますので、
このことを書いていきたいと思います。

税金が戻ってくる申告のことを還付申告と言い、
これは1月1日からもうできます。
2月中旬を過ぎると混雑しますので、
還付申告の方は1月中に済ませておくとよいと思います。

・住宅を購入された方は、住宅ローン減税を受けるため、
購入年の確定申告、
要するに購入年の次の年にする確定申告を行ったと
思います。
この手続きをすませば、
翌年からは年末調整で手続きできるようになります。

・有名どころでは、
医療費控除はやったことがある方多いのではないでしょうか。
医療費控除は1年分の医療費の明細書をとっておかないと
もったいないので、出産予定などある方は、
そのほかの薬の明細などもとっておきましょう。
治療のためのものであれば、
市販の薬も対象になるので、
これも忘れずにとっておきましょう。

・年の途中で退職されて年末まで働かずに
年末調整を受けてない場合も忘れずに手続きを
した方がよいです。
だいたい多く源泉徴収されていますし、
また生命保険料控除などがある場合は
その分も税金が戻ってくる可能性が高いです。

・年末調整で提出していればいいですが、
していなかった場合、
お子様の国民年金を払ったり、
源泉徴収されている以外の社会保険料を払った場合も
社会保険料控除の対象になりますので、
手続きをして還付を受けましょう。

・複数の証券会社に口座を持っていて
源泉徴収あり口座だった場合で
片方は利益、片方は損失だった時は
差し引きし(損益通算)、
納めすぎの税金が還付されます。

このようにいろんなケースがありますので、
少しでも気になったら確認してみてください。

ただ、期限は5年間なので、今年忘れても問題ないのですが、
それを過ぎたら忘れてしまうし、
資料もなくなってしまう可能性も高いので、
忘れないうちに手続きをしておきましょう!

参考にしていただければ幸いです。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2018年01月08日 [ニュース系]
みなさま

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの土屋です。

少し前の話にはなりますが、
12月22日に文部科学省が子どもの学習費調査の結果が
発表されました。

この調査では習い事などの結構細かい内訳がみれるので、
概要だけでも見ていただければわかりやすいのかな、
と思います。

↓こちらが概要です。↓文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

隔年での調査ですが、前回と比べて
大きな上がったり、下がったりはなかったようですが、
まぁ高止まり、といった感じですね。

あくまで調査の平均的なものなので、
自分の家はどうしたいかによって変わってくると思います。

小学校が公立だったとしても
例えば英語が学べる学童に週5日通わせようと思った場合、
月換算7万円強がかかる場合もあります。

これがいい悪いの問題ではなくて、
各家庭の状況や方針、地域性などを考えて
ある程度具体的に考えておいた方がよいのかな、
と感じております。

覚悟と準備をしておくのとおかないのでは、
大きく違ってきますからね。

ぜひ調査結果をご覧になり、
また自分の場合はどうするか、
ある程度具体的に考えるきっかけになれば幸いです。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2018年01月06日 [ニュース系]
みなさま

あけましておめでとうございます。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。

早くも年が明けて1週間になるところですね。
やはり早い!!

と、いうことで遅くなりましたが、
1月の住宅ローン金利一覧ができましたのでUPします。

201801JL

長期固定を中心に若干上昇傾向ですね。

各銀行の戦略があり先読みをするのはなかなか難しいです。

なぜなら過去の推移と10年国債利回り推移をみても、
銀行によってはうまく連動していない場合も多いのです。

ただ、今の政策が続く限りは大きくは上がることはないとは思いますので、
大枠で見れば今のような低空飛行がまだ続くものと予想されます。

参考にしていただければ幸いです。



FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

このページの先頭に戻る