2018年06月 - 子育て世代のファイナンシャルプランナーのブログ

FCTGファイナンシャルプランナーズ
お申込・お問合せはこちらから
FCTGファイナンシャルプランナーズ
2018年06月23日 [ニュース系]
こんな記事が新聞にありました。
65歳以上のみが住む家を空き家予備軍とみなし、
この空き家予備軍は東京大阪名古屋の三大都市圏で
336万戸もある、ということでした。

そこから、新築住宅建築を抑制し、
中古住宅の流通を増やそうという論もありました。

よく中古住宅の流通割合でアメリカやイギリスと比較され、
日本は新築信仰が根強い=新築の比率が高すぎるといわれています。
でもこの2国との大きな違いは日本は地震大国、という点です。
新しく耐震性の強い家を求めるのは、
当然だと思うので、他国とは比較ができないと
いつも私は思っています。

話をもとに戻すと、
これだけ空き家予備軍が増えれば、
将来的には空き家が増え、
住宅の資産価値は下がるのではないか
と予想されます。

もちろんその可能性は高いとは思いますが、
全体の物価の上昇があれば、
相対的に価値は下がる可能性は高いですが、
価格そのものは下がらない可能性もあります。
だから、家を買う意味の一つとして、
インフレから身を守る意味があると思います。
(他の方法もありますが)

また、もう一つの側面は家賃の前払い、という考えもできます。
修繕等もあるし、完全に前払いというわけにはいきませんが、
ローンがない、もしくは固定金利ローンを組んであれば、
支払額はだいたい決定しておくことができます。

私は家を買うか買わないかは、その人の価値観次第で、
無理ない金額ならばいいのではないか、
というスタンスに立っています。
家を買うのは投資の一つだ、という考えも
間違えではありませんが、
上記2つの機能もあるわけです。

将来のことは誰にもわかりませんから、
大事なことは、買うか買わないかではなく、
無理ない金額かどうか、ということになります。
損得は将来振り返ってみないとわかりません。

人の意見に振り回され過ぎずに、
自分の価値観に照らして考えてみていただければと思います。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用


2018年06月17日 [ニュース系]
先日の確定拠出年金(DC)について、
新聞にこんな記事がありました。
要旨をまとめると
運用商品を決めない人の初期設定商品を
投資信託にするなどして、
掛け金を主に投資信託で運用するよう促す金融機関が増えてきた。
というものです。

元々、初期設定商品は
定期預金など元本確保型のところがほとんどでした。

でもそもそも確定拠出年金は
原則60歳まで引き出すことができないなど、
長期での資産形成を目的にしています。
それをほとんど利息がつかない定期預金が基本商品というのも
確かに矛盾していたといえるでしょう。

また、アメリカでは投資信託の割合が7割なのに対し、
日本は4割という状況もあります。

ごく簡単に言えば、
資本主義経済は経済成長を前提としているので、
経済成長をすれば株価に反映され、
そうすれば、投資信託等の資産残高にも反映されます。
これが長期であれば投資をすべき理由の1つです。

昔は定期預金で十分な利息はついていたのかもしれませんが、
今はそうではありません。
この運用の基本の変更は時代の変化であると言えるでしょう。
そしてそれじゃ確定拠出年金にだけに言えることではないと思います。

ぜひこの変化を
これからを考えるきっかけにしていただければと思います。


FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

2018年06月16日 [ニュース系]
みなさま

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの土屋です。

体調を崩してしまい非常に遅くなりましたが、
今月の住宅ローン金利一覧をUPします。

JL201806

長引く体調不良は大変でした。

より一層注意してまいりたいと思います。

FPへの相談は
横浜・川崎・東京・神奈川出張対応可のファイナンシャルプランナー
FCTGファイナンシャルプランナーズ 土屋 ごう
住宅購入・ライフプラン・保険・資産運用

このページの先頭に戻る